2007年12月31日月曜日

旧年中はお世話になりました

   南国といえども年末であり、所用でばたついておりました。お世話になりました皆様に感謝しつくせつくせないまま新しい年を迎えようとしています。気がつけば現地時間では残りわずかの2007年、来年は末広がりの「八」に大きな期待をして頑張っていこうと思います。皆様方、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2007年12月30日日曜日

なんとデザイン変更

   先日お伝えしたクラブハウスの外壁ですが、色は写真のように変更になりました。室内の温度上昇を防ぎ、かつ防水性の高い素材だそうです。長年見慣れたもの色から変わりますが、完成したら落ち着いた装いになることを期待しています。

2007年12月29日土曜日

気をつけること

   海の中では、自衛のために毒を持っている種がいます。写真のハナミノカサゴもそう、ひれに毒があることで知られています。図らずもこの仲間を触ってしまってことがあるのですが、一度目は手が大きく腫れてしまい、お酢で解毒しました。二度目はこれほどひれが長くない種類の眉間に手を置いてしまいました。偶然にも毒のないところだったようでセーフ。悪者扱いしそうですが、やはりこちらが気をつけることですね。やっぱりグローブはしたほうが無難ですね。

2007年12月28日金曜日

便利工具その2

   水中カメラ用の自作ディフューザー(減光板および拡散板)、こういうものは試行錯誤の繰り返しです。光の照射に関してはまぁいいところまで来ているのですが、取り付けの面でまだヤワでした。特に平面と球面をつないで固定するのが難しかったのです。今回はステンレスねじで挟み込むことにしました。 このとき役立ったのが「ピンバイス・ドリル」(金色のグリップが映っているもの)。回転機構は眼鏡の淵のねじまわしとおなじ。プラスチックに小さな穴をあけるのに最適です。要するにキリなのですが、電動工具だと本体にひびが入ってしまう。木工用だとねじの大きさを選べなくなる。好みのねじの大きさに低回転で穴をあけることができます。このあたりの作業はすべて事前の実地テストが大事。同じ素材で実験してからです。完成したらねじの緩み止め接着剤を塗ります。 なぜ、こんなことをするのかって? 売っていないのですよ、既製品で。ないなら作る、でもアイデアが出るまで、またその気になるまで時間もかかります。皆さんもやってみる?

2007年12月27日木曜日

念願の塗り直し

   クラブハウスの外壁ですが塗り直しすることになりました。何度も計画していたのですが天候が安定せず延期されていました。まずは加圧ホースで洗浄。これも一つの大掃除? あと2日間はかかると思いますけれど気分がいいですね。

2007年12月26日水曜日

ところ変わっても

   同じような風習があるのでしょうか。大家さんから、クリスマスのお祝いにと籠盛りのようなお菓子が届きました。よく見ると中身は小袋のお菓子、もっといえばおせんべいがたくさん。サキイカもあります。 これってお歳暮?初めてのことに少し困惑してしまいました。女将に言わせると、ひょっとして催促かもれないとのこと。誰かから頂いたおかきの詰め合わせを大変気に入り、包装紙を大事に取って置いて見せるのです(無言のおねだりに応えて通販で入手したことがあります)。 ところ変わっても、おいしいものはわかるみたいですね。

2007年12月25日火曜日

クリスマスプレゼント?

   今日は予定通りテニアンへいけました。ここ数日の強風で道中が心配でしたが、そうでもない。風も弱まりポイントは穏やかなものでした。3人にとっては初めての透明度40mの世界。最初のフレミングポイントは、潜降ロープの下はどこまでも見えているというか、水しか見えず底が見えない状態。ロープを手放す前にBCの浮力を付けてから水平移動にしました。ウミガメを見て記念写真。
   お次のテニアングロットは流れも止まり、エントリーからエキジットまで私の手助けなしでこなせました。ご立派。こんないい思いができたのもクリスマスプレゼントなのかもしれませんね。

2007年12月24日月曜日

作戦成功

   昨日判明した船酔いのこと、はじめてのファンダイブですのでそれまでわからないのも無理はありません。今日は酔い止め対策をしたうえ、食事の量の制限をしたことで克服です。ディンプルの透明度は素晴らしかったけれど流れもたくましかったぁ。*YUKA*ちゃんも初めてのデジカメに挑戦。 ご本人たちいわく、怖さもなくなってきて体が水に慣れてくると帰る日が近づいてくる。うれしくてちょっぴりさみしい一言です。でも、明日があるさ♪、テニアンに行くさ♪もう一日楽しもう!

2007年12月23日日曜日

マイバケーション!

   とでも言ってくれそうなTファミリーの3人、学校のお休みごとに来てくれました。これで2度目ですがバケーションの定番にしてくださいね。4か月ぶりのファーストダイブは貸し切りの中型船でアイスクリームポイントへ。潜降し海底にたどりついてからは5分以上動かないようにして体を水に慣らしました。3匹のエイ(エイ吉、エイ子、エイ太?)が現れ、見とれて10分以上その場にいました。
   あいにくの東からの強風がありましたが、水中はOK、二本目の沈船では大潮らしく雄々しい流れ(明日が満月)。はじめてのファンダイブ、なかなか上出来でしたよ。

2007年12月22日土曜日

よく考えてからすべし

   深夜到着のお客様を待ちながらライトの修理を始めています。とても便利な道具は、スナップリングプライヤーというもの。角度により先端を取り替えます。ボタン電池を換える際にコインを使う場合がありますが、それよりも確実に開けられます(2つの穴が必要、コイン溝をよれよれにしたときもこの穴を作ればよいのです)。
  本題のライトですが、ばらばらにした後気がつきました。細かいものを見るには、照らすライトが必要だった。”ご修理は計画的に”?(CMの落ちを真似てみました)

師走?師休?

   師走という意味など感じさせないこの島サイパンの年末。それもそのはず、学校は(少なくとも私立は)12月半ばで終了しています。勤務は続いていても、お役所などの仕事はおよそ11月後半からはトーンダウンしているようにみえます(感謝祭≒勤労感謝の日以降)。もちろん例外はあり、洋服会社を任されている知人は昼飯もままならないほど忙しい。
   過去の歴史からスペインの影響もかすかに残るサイパン。まさか「アスタマニャーニャ」なんて言葉もあるんじゃないかと思うこともあります。(明日にすればいいさみたいな意味、ラテン系の言葉らしいです。)
   でもツーリスト、ダイバーの皆さんにはいいこと。カリカリしている南国の人なんて見たくない。これから春先まで気候も安定しているので雰囲気はのどかですよ。私は「明日会おうや」と皆さんに言いたいな。